出会い系で宗教について話せずにつらかった

最近はいろいろな出会い系のアプリやサイトがある

出会い系 宗教 : JP - Criteo.com

最近はいろいろな出会い系のアプリやサイトがあり、以前に比べてより理性と会うためのハードルが低くなってきたように思います。
以前なら登録している女性自体が少なかったり、プロフィール画像や自己紹介文の段階で相手にされなかったりすることも多かったのですが、登録者の絶対数が増えたことにより様々な趣味嗜好の女性が増えたのか、中には実際に会ってみてもいいと言う人も多くいます。
私も出会い系のアプリを利用して何人かの女性と実際に会い、食事をしたりカラオケに行ったりして楽しい時間を過ごすことができました。
中には、その後も何度か会いたいと言ってくれる人もいたのですが、だんだんと関係が近くなってくると、どうしても聞かれてしまうのが職業などのプライベートな部分です。
結婚を前提とせずに、単に暇つぶしに会って遊びたいと思っているような場合には相手の職業はあまり気にしない女性も多いのか、向こうから聞いてくることもあまりありませんし、こちらが何も言わなくても詮索せず、結局私がどんな職業なのかを知らないままでも会ってくれる場合が多かったです。
実際には某新興宗教の信者であり、その修養のために教会施設に住み込んでいる状況だったので、なんだか相手を騙してるような気分になってしまった思い出があります。
安定した収入や外出の自由があまりない状態だったので、そう頻繁に会うこともできず、何度かあった後に連絡が途絶えてしまう場合がほとんどでしたが、あの時自分がそのような立場でなかったらもっと色々と関係を深めることができたのではないかなどと自問することも多くあります。

最近はいろいろな出会い系のアプリやサイトがある : 信仰者、特に教会組織などの後継者の晩婚化やなかなか結婚できない : 出会える機会を得ても、その後も様々な障壁が出てくる