出会い系で宗教について話せずにつらかった

信仰者、特に教会組織などの後継者の晩婚化やなかなか結婚できない

日本人は宗教アレルギーと言うふうに言われますが、若い世代の子はそのような意識もあまりなく、単に目の前にいる人がどんな人なのかを見ているだけのような気もします。
とはいえやはり自分が新興宗教の信者であると言う事実はカミングアウトしにくいものでもあり、これは出会い系に限らず飲食店等に行った際にも店員さんから聞かれたりすることもあって答えに窮してしまうことが多いです。
信仰の自由が認められているとは言え、まだまだ偏見がある場合が多いのも事実なので、変な目で見られないかと言う気持ちもありますし、実際問題として普通に働いて収入を得ている人と比べるといろいろな面で不自由があるため、一緒にいても魅力的だと感じられないと言うことも多いのではないでしょうか。
一方で、出会い系アプリを利用していると言う同じ宗教の信者の話を聞くこともよくあります。
程度の差こそあれ、やはり普通に働いている人と比べれば収入面や自由に使える時間の面で見劣りする部分は否めませんし、何より職場に出会いを求めることが難しい状況がある人が多いので、出会い系サイトは1つの有効な方々にもなっているのも事実です。
それぞれの立場によってケースが違いますが、今はいろいろな出会いの方がある時代になっていると言うことを強く意識させられました。
実際宗教の信仰者、特に教会組織などの後継者の晩婚化やなかなか結婚できないといった問題は年々深刻になってきているという現実があります。

みんなからの匿名質問を募集中!

こんな質問に答えてるよ
● しゃーくさんって元気?…
● 出会い系で会話が続きません
ど…
● 新興宗教ってどう思う?…
● ネットの実名化は賛成?反対?…#質問箱 #匿名質問募集中 https://t.co/6CAu0njqDR

— 諏訪さん (@nextwalking) 2019年10月4日

最近はいろいろな出会い系のアプリやサイトがある : 信仰者、特に教会組織などの後継者の晩婚化やなかなか結婚できない : 出会える機会を得ても、その後も様々な障壁が出てくる